忍者ブログ
78

2017.12.19 Tue 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.05.11 Mon 「 嫉妬一つの話
ああ、君を僕から奪ってく全ての奴らに報復したい。

B×Y 相棒に捧ぐ





口付けた。

深く、強く、伝わるように。


「、なんだよベランジェ、最近お前、変だぞ」

怪訝な顔でこちらを見上げる君の顔はとっても綺麗だ。

「そんなことないよヨシテルん、全然へーき」

本当は平気じゃないけど、口に出来ることでもない。

君が接する僕以外の人間全てに嫉妬しているなんて言ったってもっと変な顔されるだけだ。


このところ、仏教信者の多い町を歩いているから、

君がお説法する時間も長くなって、

君を待つ時間も長くなって、

たまに、ガラス越しに君の笑顔が見えたりすると、

すぐさま君に駆け寄って、

それが誰にも見えないように連れ去ってしまいたくなる。

そんなことしたら君が怒ってしばらく口利いてくれないことくらいわかってるから、しないけど。


そうして待ったあとは、

君が「行くぞ」って言うのが嬉しい。

君が連れて行ってくれるのは僕ひとりだけってこと、

君と一緒に旅していいのは僕ひとりだけってこと、もう一度確認出来るから。

駆け寄って尋ねられるから。

「ねえヨシテルん、今日のご飯なあに?」

「何が良いんだ?食いたいもん言ってみろ」

「ヨシテルん!ヨシテルんが食べたい!」

「ふざけんな真面目に答えろ」

真っ赤な頬した君の横顔を見るのは悪くない。

でも、ふざけてなんかいないんだけどな。

君が好きだから、

君は僕のものだから、

君は僕の恋人だから、

僕以外の他人と過ごした時間や、

僕以外の他人と吸った空気や、

そういうもの全部、

君を抱いて、抱いて、ひたすら抱いて、

無かったことにしてしまえれば、

君に残る全ての記録が、

僕と過ごした時間だけになるようにしてしまえれば、

どれだけいいかと思ってるんだよ。

君を逃がしたくないから、

君から離れたくないから、

口には出さないだけなんだ。
PR
COMMENTS
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

TRACKBACKS
トラックバックURL
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[05/10 亀。]
[05/10 リガウス]
最新記事
(05/11)
(05/11)
(05/10)
(05/10)
(05/10)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
亀。
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(03/26)
(03/30)
(04/07)
(05/03)
(05/03)